薄花葉っぱ・かりきりん・下村よう子のライブ予定

【かりきりん】12月8日(月)わたしたちモンゴロイド@恵文社コテージ(京都・一乗寺)

「わたしたちモンゴロイド」
18:00開場18:30開演
出演:カルマン、かりきりん
女給(たべもの、のみもの)
場所:恵文社コテージ(京都府京都市 左京区一乗寺払殿町10)
料金:予約2,000円/当日2,300円
お問い合わせ:080-3786-3917(赤尾)/ken@hardtofind.jp(小松崎)
http://www.cottage-keibunsha.com/

恵文社で素敵な三人組と!

Karman (カルマン)

岡林立哉(馬頭琴)
小松崎健(ハンマーダルシマー)
トシバウロン(バウロン)
▶小松崎健(ハンマー・ダルシマー) 札幌市在住。1986年から独学でハンマー・ダルシマーを始める。1988年ケルティックグループHARD TOFINDを結成。自主レーベルや徳間ジャパンからアルバムを発表。また89年にはソニーレコーズから 3人編成のバンド「SACRA」としてCDデビュー。現在演奏活動の他、ダルシマーの輸入販売、ダルシマー教室など、ダルシマーの普及にも力を入れている。
▶岡林立哉(馬頭琴、ホーミー) 高知県在住。日本で数少ないホーミーと馬頭琴の奏者。1998年初めてモンゴルを訪れ、ホーミーの音色に魅せられモンゴル奥地を旅し遊牧民の文化、歌を学ぶ。各国の音楽祭にも出演。馬頭琴の素朴で暖かい音色、ホーミーの宇宙的な響きは聴く人に驚きと感動を与える。
▶トシバウロン(バウロン) 東京都在住。日本では数少ないバウロン専門のプレーヤー。他の楽器と波長を合わせグルーヴを作り出すことに長けているJohn John Festivalを軸に多様な活動を展開中。2012年スペイン国際ケルト音楽フェスでHarmonica Creamsとして日本人初の優勝。葉加瀬太郎、鬼束ちひろのレコーディングにも参加。アイリッシュミュージック専門イベント企画やCDレー ベル「TOKYO IRISH COMPANY」を主宰する。

モンゴルの大草原に一瞬で誘われるような馬頭琴と喉歌ホーミーの音色。

誰もがその音色の虜になってしまう中世ヨーロッパの楽器ハンマーダルシマー。

そしてアイルランドの太鼓バウロン。それは心臓の鼓動の音に喩えられる。


三者が絡み合い織りなす音色でくっきりと鮮やかに情景が浮かぶ音世界。

20141211144157293.jpeg
カルマンとかりきりんと女給(女給のミッチーは風邪気味で早帰りです)
写真:いるやん

2014121114474608c.jpg
タップシューズをはくトシさん。足をカチカチ鳴らす用。
後ろの山と、馬の飾りつけは女給のみんみん。
影が映っていいかんじ。






スポンサーサイト
  1. 2014/12/08(月) 18:59:25|
  2. ライブ予定

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

薄花葉っぱ

Author:薄花葉っぱ
改めましてはじめまして!

ニュー薄花葉っぱです。

ぼちぼちやります
よろしくお願いします


下村よう子 うた
佐々木悠 鍵盤
やまきょ クラリネット
坂井美保 コントラバス
伊藤栄治 パーカッション

※やまきょはしばらくお休みです。

最近の記事

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる