薄花葉っぱ・かりきりん・下村よう子のライブ予定

●3月12日(水) 東京にて京都のかほり @マンダラⅡ(東京 吉祥寺)

におうにおうぞ何か匂う!!

MUSIC FROM HERRTLAND VOL.1

■会場:吉祥寺 マンダラ2(武蔵野市 吉祥寺 南町 2-8-6)
     【http://www.mandala.gr.jp/man2.html
 出演:オクノ修 vo,g
     薄花葉っぱ + 中尾勘二(ds,sax)
   
 時間:開場18:30 / 開演19:30
 料金:前売2000円 / 当日2500円 ( drink charge 別)

 お問合せ:0422-42-1579(マンダラ2)  
 *マンダラ2への行き方
  JR中央線/井の頭線 吉祥寺駅下車南口より徒歩2分

 [前売電話/メール予約]
   03-5273-2821(メタカンパニー)
   03-5660-6509(メディア・ルネサンス)
   E-mail CBE09606@nifty.com
   E-mail offnote@k5.dion.ne.jp



◆詳細◆

 出演:オクノ修 vo,g
     薄花葉っぱ(下村よう子 vo、ウエッコ g、坂巻さよ p、宮田あずみ b)
     + 中尾勘二(ds,sax)


◆紹介文◆

MUSIC FROM HERRTLAND VOL.1

オクノ修。京都在住。シンガー/ソングライター。老舗自家焙煎珈琲店「六曜社地下店」店主。日々、美味しい珈琲を淹れながら、気が向いたときにギターを手にとり唄をうたうオクノのライフスタイルは「ふちがみとふなと」をはじめ、京都在住の多くのミュージシャンたちに多大な支持を得ている。京都在住ではないが、曽我部恵一もまた、オクノをリスペクトする一人。雑誌の寄稿や自身のブログでたびたび、オクノへ惜しみない讃辞を贈っている。
2000年、アシッドフォークの傑作『ファースト』(1972)がリイシューされて以来、その先駆的な高い音楽性によってオクノの名前は全国区になる。また、折からの「喫茶ロック」の静かなブームの中でムーブメントのシンボル的存在としてオクノの音楽は俄に熱く語られるようになる。
オクノのキャリアを10年単位で要約すると。
60年代、高田渡と知り合い、生涯の師弟の契りを結ぶ。
70年代、村八分、裸のラリーズ等と親交を深める。
80年代、アーントサリーや東京ロッカーズの面々と交流する。
…というようにオクノの歩みはフォーク/ロック史と大きく関わっている。オクノがこれまでに歩んだ足跡は、その先駆的音楽性と共にようやく人々に理解されはじめ、今まさに時代とリンクしようとしている。


オクノさんは、自分がなにを思い、どう感じ、なぜ歌うのか、ということを歌う。あたりまえのことかもしれないけど、ひたむきにそのことに向かうオクノさんの声は、歌うという行為をしていることがとても幸せそうで、そしてちょっとエロティックでもある。 
曽我部恵一(ミュージシャン)



スポンサーサイト
  1. 2008/03/12(水) 22:56:48|
  2. ライブ予定

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

薄花葉っぱ

Author:薄花葉っぱ
改めましてはじめまして!

ニュー薄花葉っぱです。

ぼちぼちやります
よろしくお願いします


下村よう子 うた
佐々木悠 鍵盤
やまきょ クラリネット
坂井美保 コントラバス
伊藤栄治 パーカッション

※やまきょはしばらくお休みです。

最近の記事

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる