薄花葉っぱ・かりきりん・下村よう子のライブ予定

●3月11日(火) ラッパの響きが春を呼ぶ @なってるハウス(東京 入谷)

には少し 早いけど

薄花の響きとラッパの息吹
冬雲雪雲追いやって
あったかい 送ります


■会場:なってるハウス(東京都台東区松が谷4-1-8 1F)
     【http://members.jcom.home.ne.jp/knuttelhouse/
  共演:BRASS EXPERIENCE

  時間:開場19:30 / 開演20:00
  料金:2000円+オーダー

 お問合せ:03-3847-2113(なってるハウス)

  *なってるハウスへの行き方
    東京メトロ日比谷線 入谷駅下車徒歩8分京メトロ日比谷線 
    入谷駅からお越しの場合(徒歩約8分)
    1番または2番出口を出てすぐ左折し言問通りを浅草方面に進み、
    5つめの信号『金竜小学校交差点』を合羽橋道具街方向に右折、
    コンビニエンスストア『ポプラ』を越えて2つ目の右に入る路地を入った
    左側すぐ。



 [前売電話/メール予約]
   03-5273-2821(メタカンパニー)
   03-5660-6509(メディア・ルネサンス)
   E-mail CBE09606@nifty.com
   E-mail offnote@k5.dion.ne.jp





◆詳細◆

薄花葉っぱ(女子部)
下村よう子 vocal
坂巻さよ piano,background vocal
宮田あずみ contrabass,backgroundvocal 

BRASS EXPERIENCE
関島岳郎 tuba
中尾勘二 soprano saxophone, trombone 
佐藤しずえ trombone
西内徹 tenor saxophone
小林ヤスタカ alto saxophone
橋本剛秀 alto saxophone,bass clarinet

◆紹介文◆

発破発火!HAPPA HAKKA !!

未来を先取りするノスタルジーのちから。薄花葉っぱの描く世界像はどこかなつかしく、それでいてあたらしい。彼女たちは記憶の底のほうににふりつもるなつかしいコトバのかけらを一つひとつ丁寧に拾い出し、やさしく息を吹きかける。息吹を与えられたコトバたちはメロディの大海原を自在に泳ぎながら、ぼくたちになにかをつたえにやってくる。それはハートランドからのメッセージ。生まれる以前のキオクと手のひらのなかの夢を繋ぐための。下村よう子の泣き笑う歌声は記憶の再生装置。3人が奏でるアンサンブルは夢の映写機である。彼女たちが映し出す「どこにもないリバイバル映画」に感じる“なつかしさ”と“あたらしさ”はまだ獲得されていない未来の原像なのかもしれない。ああそうだ、ノスタルジアスは“郷愁”と“憧憬”の両義をあわせもつ言葉だったっけ。ノスタルジーは未来を夢見る、のである。そして、新生・BRASS EXPERIENCE。管楽器というモノにどれだけの「生命」をふきこむことができるか。「身体」をめぐるあらたな実験がいままさにはじまろうとしている。わたしたちのブラスアンサンブルは「ひかりのパイプオルガン」を象ることができるだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/11(火) 08:28:47|
  2. ライブ予定

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

薄花葉っぱ

Author:薄花葉っぱ
改めましてはじめまして!

ニュー薄花葉っぱです。

ぼちぼちやります
よろしくお願いします


下村よう子 うた
佐々木悠 鍵盤
やまきょ クラリネット
坂井美保 コントラバス
伊藤栄治 パーカッション

※やまきょはしばらくお休みです。

最近の記事

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる